top of page
  • 執筆者の写真クライス

純血サツマビーグル・テツ号の思いやり 

Posted on May 28, 2017

今日は、テツ号がシロー号を思いやる姿を写真に収めることが出来たので紹介する。 実は、一昨日シロー号は早朝訓練でシカを追跡中にマムシに鼻先を噛まれ、顔が大きく腫れ上がっている。唇に体液が溜ったことで大きく垂れさがり餌を食べるのも痛々しい。 今日、ハク号の早朝訓練を終え帰宅した時のこと、テツ号がシロー号の痛みに対し「元気を出せ!」と言わんばかりの珍しい仕種に遭遇し感動した。。。 これは凄い!と、是非とも写真に収めたいと・・・スマホを取り出し決定的な瞬間を待つこと約20分、遂にその瞬間が訪れた。今日はそのタイムリーな全容写真を紹介する。 サツマビーグルの奥深い心優しい一面を是非ご覧ください。 ※ テツとシローの仕種に小生なりに会話を想定し、リアルに再現してみました(笑)。 皆様も想像してみて下さい・・・。

写真①


シロー号・・・テツ兄さんマムシに噛まれても死なないの?












写真②


テツ号・・・マムシに噛まれても死ぬことはない!











写真③


テツ号・・・心配しなくても後数日すると腫れも治り、元気になるよ!












※ 言葉を掛けながら左手でシロー号の頭を優しく撫でてやるテツ号。


写真④


シロー号・・・・ほんとですか?


テツ号・・・大丈夫!



※ 治るかどうか不安げなシロー号を呼び寄せ、右手で肩を優しくポンポンとたたきながら「大丈夫!」と言うテツ号。



写真⑤


テツ号=シローは男子だろ!、元気を出せよ!



※ シロー号を優しく抱きしめて、慰め勇気づける心優しいテツ号。
























閲覧数:6回

Comments


bottom of page