top of page

純血サツマビーグルのオーナー通信 第12報

Posted on December 30, 2017

本日は、11月3日に滋賀県のオーナー様K氏の下に行った当犬舎の名台牝であったアキ号の新天地におけるシカ猟の初猟果の写メが届きましたので紹介します。 写メの内容は、以下の通りである。 『昨日は、今年最後の有害駆除でした。今年、最後にアキ号、コハク号と唐津系ビーグルのチー号の3頭を連れて行きました。アキ号も私に慣れて来て、昨日も雪が積もる中、私の前に大きな牝シカを追ってきてくれ、止める(捕獲する)ことが出来ました。その後、また別のシカを追って行って待ちにかかる(捕獲する)と、暫くして私の下に戻ってきます。回収も早く楽に猟をさせてもらっています』・・・と言う内容です。 アキ号は、かなり警戒心がある犬でしたが、流石にK氏は素晴らしいハンターである。アキ号は台牝生活で3年間と言う長きにわたり山入はしていなかったが、2ヵ月弱の山入りで昔の実力を開花させた・・・。彼に飼育を託して正解だった。並みのハンターならここまで復帰していなかっただろう!。若いハンターだが素晴らしい・・・。 アキ号の今後の活躍と幸せを心より祈念している。今後は、K氏と共に大好きなシカ猟を楽しんでほしいと願っている。 本年度は、本稿をもってホームページの更新も最後となる。 本ホームページにアクセス頂いた多くの方々に心よりお礼を申し上げます。 また、来年もよろしくお願いします。 良いお年を・・・

写真・・・アキ号が新天地の滋賀県での初シカ猟の猟果 アキ号は、本当に使いやすいサツマビーグルである。 アキ号がシカ猟犬の完成犬となるまでの記録は「2013.11.17・・・「サツマビーグルのブログ村」“ 狩猟犬サツマビーグルのアキちゃん訓練記-第 1 話~第10話 完)をご覧ください。


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page