top of page
  • 執筆者の写真クライス

狩猟犬サツマビーグルのアキちゃん訓練記 第9話

Posted on August 20, 2014



皆さぁ~ん! 毎日暑い日が続いていますがお元気ですか~・・・。 アキは、昨年の8月20日に産まれたので、今日で1才になりました。 産まれた時は連日35℃の猛暑日が続き、ご主人様の配慮でクーラーがある応接間でお母さんと兄妹達は約2週間過ごしたと聞きました。お陰さまで兄妹は皆無事に成長しました。 あれから1年が経ち、アキも体高は45cm、体重は15kgと随分大きくなりました。まだシカ猟犬としては一人前(独りでシカを見つけて2時間以上追跡が出来る)とはいきませんが、身体だけはお父さんのハク号とほぼ同じ大きさで、スピード、ジャンプ力、スタミナ等もお父さん譲りでバッチリです・・・。ご主人様曰く「アキは身体も筋肉質で性格も男勝りのおてんば娘」・・・らしいです。1才と言えば人間様で言うなら20才、アキも少しは女らしくならないと・・・だって。トホホ・・・(涙)。まぁ良い「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」・・・と言うらしいので(笑) さて、最近は暑いですが、新入りのテツ君(牡11ヵ月)が殆ど訓練(山入り)を受けてないので、朝早く(5時頃)から山に行っています。テツ君のお陰で毎日大好きな山に行けるので嬉しくて・・・。 しかし、テツ君は車酔いはしないし、初めての山入りからアキに付いて走り回り、本当に訓練されてないのか疑います???。 アキの最初の山入りはとても怖くて走り回るには2ヵ月程かかりました。これはうかうかしておれないゾ・・・なんて思っていましたが・・・それが何と今日現実になりました。 それは、一昨日よりテツ君は早くも先導犬(訓練の先生)に付いて山に行っています。最初は、山入り(捜索)が良く足が余り早くないお母さんのエス号と3日程山に行きました。ご主人様が言うには「テツは本当に山に引いてなかったのかなぁ・・・」なんて奥様と話をしているのを小耳に挟みました・・・。まさか山入りして1週間あまりで先導犬に2時間余りも付いて行き、殆ど遅れもせずに帰ってくるなんて・・・、アキはつい最近出来るようななったのに・・・。 本当ならば「恐るべしテツ君!」。 本当か否か一度確かめないと?・・・なんて捻くれていると、何と今日・・・お父さんのハク号とアキも一緒に山に行くことになりました。まさかお父さんのスピードには絶対付いていけないと思っていたら、何と1時間余りも一緒にシカを追いました。それも途中から大きな美声で鳴くではありませんか・・・凄い!テツ君・・・。。。信じられな~い!!!。。。しかしこれが現実なんだ!!!。。。 さすがにスタミナ切れで途中からはアキとお父さんでシカを追いましたが、かなり遠くまで追跡したので迷って帰れないと思いきや、何と!何と!・・・40分余りで放犬された車の所まで帰って来たではありませんか・・・。言わずともご主人様の喜びようは尋常ではなかったのは言うまでもありません・・・(見たこともない嬉しそうな顔)。 家に帰るなり、奥様に「テツは凄いぞ!!!」。。。狩猟歴40年の御主人様もビックリのご様子・・・。アキの存在はどこへやら。。。トホホ・・・(涙) この分では、あと数十日でシカの臭をマスターし追跡に加わり、段々とスタミナをつければ今猟期までに一人前のシカ猟犬になるかもしれません。いや多分なるかも?・・・。 アキにも先輩の意地があります。テツ君より1日でも早く一人前のシカ猟犬になれるよう頑張らないと・・・。。。よしやるぞ!!!。 では今日はこの辺でおしまいにします。 また来月お会いしましょうね。。。 バイバイ! ●写真(上)=手前がテツ号、後がアキ  ※ 僅か7日余りの訓練(山入り)でシカを追跡するテツ君・・・ハク・アキ・テツの共猟 ●写真(下)=左がアキ、右がテツ号   ※ シカを追跡中に臭いを失い捜索中のアキとテツ・・・この後ハクが臭いを見つけ追跡


閲覧数:4回

Comments


bottom of page