top of page
  • 執筆者の写真クライス

狩猟犬サツマビーグルのアキちゃん訓練記 第4話

Posted on February 20, 2014


皆さんぁ~ん!・・・・お元気ですか・・・ 最近、全国的に大雪が降り、南国の四国徳島も近年にない大雪となり、まだ山の北側には沢山の積雪が残っており、大変寒い日々が続いています。 アキは今日2月20日で生後6ヵ月になりました。現在、体重は11kg、体高は43cmです。アメカンビーグルより大分大きいです。今楽しいのは、朝夕の散歩と食事の他、お母さんと一緒に山に行くのが大好きです。しかし、楽しいことばかりではなく怖いことも沢山あります。ここである日の出来事を紹介します。 お母さんは山に行くとお散歩と違い、、私の事を全く気にせず獲物を探して、山の斜面や岩場、谷を超えドンドンと進んでいきます。しかし、アキはなかなか付いて行けず、待って!!!・・・と大声でギャンギャンと鳴きますが、一向に待ってくれません・・・。特に冷たい水が流れる谷は、怖くてなかなか渡れません・・・。その時は仕方なくご主人様の元に帰ります。しかしその日はご主人様がアキの頭をなでなでして「アキよ・・・谷を渡るのが怖いのか」とニコニコしながら、渡れなかった谷に連れて行かれ、アキが嫌がっているのに引き綱を付け、強引にバチャバチと渡って行きます。また少し坂を登ると、また谷を渡ります。また嫌がりますがなんのそのまたバチャバャ'・・・。こんなことを何度か繰り返した後、引き綱を解かれ山を歩きましたが、また先程より大きな谷が現れました。しかし、ご主人様はすいすいと渡り、アキに構わず坂を登って行きます。アキは例によって待ってぇ~!とばかり、ワンワンと鳴きますが、ご主人様は知らぬ顔でどんどんと坂を登って行き、とうとう姿が見えなくなりました。さぁ大変・・・とばかり、怖い谷を渡らないでご主人様の所に行く道を探し、あっちへキョロキョロこっちへキョロキョロと走り回りますが、どこまで行っても谷は続いています・・・。暫くすると、ご主人様が吹いていた弾の空ケースの「ピッピィー・ピッピィー」が聞こえます。アッ!・・・ご主人様があの方向にいるぞ!・・・。。。アキは勇気を出して、冷たい水が流れる谷にザブ~ンと飛び込み、怖かった谷を無事アキ一人で渡りました・・・。嬉しくなって空ケースが鳴っている所に一目散に登って行きました。するとそこにはニコニコしたご主人様が待っていてくれ、「アキ!偉いぞ!」とばかり、頭をを思い切りなでなでして褒めてくれました。 この様にして、谷場、萱場、岩場など、アキが嫌がっているとご主人様がそっと近寄って来て、アキが一人で出来るまで根気よく指導してくれています。お陰様で今日ではお母さんと一緒に山を走り回れるようになりました。しかし、お母さんが獲物を起こして追跡に入ると一段とスピードアップし 、アキはまだまだそのスピードに付いて行く体力がないので大きく遅れ、迷子になる事も多々ありますが、今日ではお母さんの臭いを辿っていけばお母さんに追いつけるし、空ケースが鳴っている所に行けば、そこにはご主人様が居ることも学習し、今ではご主人様から離れ、山深く入る事も段々と怖くなくなり、逆に大好きになってきました。 アキの兄妹達も山入り訓練を始めており、早い仔はもうシカを追跡しているようです。アキも来月までにはお父さんとは無理でも、あ母さんや仲良しのアメリカンビーグルのドル君(8ヵ月牡)達とも楽しく獲物を追跡できるように頑張ります・・・。 では、また来月お会いしましょうね!。。。バイバイ! 写真:左側の身体が白いのがアキ、右側がお母さんのエス号

閲覧数:6回

Bình luận


bottom of page